歯周病治療 of きさらづ歯科クリニック

木更津市の歯科医院、きさらづ歯科クリニック、インプラント、虫歯、予防、審美歯科、入れ歯、ホワイトニング

2019-10-21
文字サイズの変更
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


木曜日・日曜日・祝祭日休診
シロイハ
予約・お問い合わせ☎0438-97-4618

歯周病治療

歯周病とは?

その言葉のとおり、歯そのものの病気ではなく、『歯』を支えているその周囲の組織の病気です。

家に例えると、家そのものが壊れるのが、虫歯であり、その土台の病気が歯の根の病気(歯の神経の病気であり、さらにその土台を支える基礎となる部分、つまり家の建っている土壌そのものが崩れてしまうのが歯周病なのです。また、この病気はほとんど無症状に進行し、気づいてからでは手遅れになってしまうことも稀ではありません。

歯周病の原因は?

歯周病は歯肉に炎症が起こることから始まります。歯肉に炎症がおこると、歯肉が赤く腫れたり、ブラッシング時に出血したりします。その炎症の原因は、歯の表面に付着した細菌の塊(プラーク)であります。このプラーク(歯垢)は、歯面に強固に付着しており、うがいなどでは決して落ちることはありません。

歯周病治療の実際

すべての歯と歯肉の間にできた隙間(歯周ポケット)の深さと歯周組織の炎症の状態や破壊の程度をレントゲン写真撮影や歯周ポケットプローブという器具を用いて検査を行います。

病名として歯周病と一言でまとめられますが、その程度の差によって治療方法、難易度、予後の予測が大きく異なります。一度当クリニックの検査を受けていただくことをお勧めします。

全身疾患と歯周病ついて

歯周病の原因がプラークであることは説明しましたが、実際には、プラークが歯に多量に付着していてもさほど歯周病が進行していない場合や、逆にプラークは、肉眼的にみて非常に少ないのに歯周病が進行している患者さんにしばしば遭遇します。その理由を考えた場合、歯周病の発症や進行には、生体の抵抗性や感受性などが影響し、さらに、遺伝的因子や環境因子などが考えられます。具体的には、喫煙、糖尿病、性別、年齢、ストレスなどです。
現在のところ、歯周病に関与する最も危険因子たと言われているのが、喫煙と糖尿病です。

以上、簡単に歯周病に関して説明しましたが、当クリニックでは、スタッフ一同、歯周病治療には特に力を入れて取り組んでおります。インプラント治療もおこなっておりますが、天然歯に勝るものはないと考えております。歯周再生療法(エムドゲイン)もおこなっており、出来る限り大切な天然歯を残す事を第一に考えて治療にあたります。

ページの先頭へ

  

〒292−0038
千葉県木更津市ほたる野1−19−7

○○○○○○○○○○○   シロイハ
予約:0438-97-4618

時間
月 火 水 木 金 土
09:00-12:30
○ ○ ○ × ○ ○ 
14:30-18:30
○ ○ ○ × ○ ○

木曜日・日曜日・祝祭日休診

急患随時受付
各種保険取り扱い

ENTER